みとろ苑 兵庫県・名庭園料亭_別館_みとろ苑 みとろ苑
みとろ苑 ●―Navigation―HOMEご宿泊館内/お部屋お食事観光案内/地図ご予約/お問合せ みとろ苑
みとろ苑

館内・お部屋
和の寛ぎ_味の楽しみ_優しいおもてなし

1800年(文化)の頃、綿花栽培で豪農となった地主、大西家。 その9代目甚一平の別宅として、みとろ苑は大正7年に完成する。 設計者は京都の茶人。当時、経済難、気候不順が重なり農民の生活が苦しくなっており、その救済事業として村人に仕事を与えるために建てられることとなる。 完成には当時の村民を総動員しても7年間の長きに渡る歳月を要した。

材料は大阪より厳選されたものが、幾日も馬車を連ねて運ばれ、そそ中からさらにより良い材料だけを用いたという。そのとき残った材料で他に3軒もの家が建ったということからも、贅沢な素材選びがうかがい知れる。

別館_みとろ苑・庭園

国の「登録記念物」 広間は直径2m近い大木から4本しか取れないという四方柾の床柱で支えられ、また、大正ガラスとしては気泡、浪打ちがなく、現在のガラスと見分けのつかない最良のものが使われ、釘は一本も使わずに建てられている。

広間

明石の間は、明石城藩主、松平家の茶室を移築したもので、その細やかな作りは今では再現不可能といわれている。また、裏庭の石は、加古川が蛇流していた頃の自然石である。

みとろ苑・日本庭園


紅葉の間
▲紅葉の間
明石の間
▲明石の間
高砂の間
▲高砂の間
釣鐘イメージ

イメージ
―◇施設概要◇―
内湯・桧風呂
▲内湯は桧の家族風呂
(ご宿泊のお客様のみ)
※お食事のお客様は天然温泉をご利用いただけます。
加古川温泉みとろ莊・天然温泉露天風呂
▲外湯は天然温泉・露天風呂
(みとろ莊への送迎2分)

 


みとろ苑
  ライン  
 
名庭園料亭 みとろ苑
〒675-1214 兵庫県加古川市上荘町見土呂375-1 TEL.079(428)2323 FAX.079(428)3460 e-mail:info@mitoro.co.jp
 
 

HOMEご宿泊館内/お部屋お食事観光案内/地図ご予約/お問合せ

 
 
Copyright 2004 mitoro.co.jp. All rights recerved.